施工事例

フローリング

フローリングについた傷に関する依頼内容としては、穴、凹み、引っかき傷、引きずり傷、シミ、ジョイントの目立ちなどがあります。
10年以上経過したことによるフローリングの場合、特に窓付近は雨や日光に晒されやすく、劣化したり表面の単板がめくれたり、という痛みが出やすいです。

長年経過したことによるフローリングの黒ずんだシミも、キレイに修復することができます。

建具(扉)

フラッシュドアの場合、ぶつけると簡単に穴が開きます。しかも、交換となると同じものがない上、費用も想像している以上にかかってしまいます。簡単な見積であっても、扉本体にまず10万円前後、既存のドアの処分に約1万円、建具職人による取り付け工事が2万円程度、手配現場管理で2万円…総額15万円程度は、普通にかかってしまう計算となります。それでも、全く同じというわけにはいかないので、注意が必要です。
こうした工事を部分補修で行うと、半分以下の金額で、どこに傷や凹みがあったのかを探すのが困難なほどにまで、リペアすることができます。

元々の木目も独自技術によって大源するので、元の扉を可能な限り再現することができます。

石膏ボードなどの間仕切り壁や仕上げ壁の穴・傷についても、キレイに修復が可能です。

損傷具合に応じて適切な処置を行い、元の状態の壁を再現します。

建具(障子)

障子の桟の折れもキレイに修復できます。

建具(ふすま)

ボロボロの襖もキレイに補修できます。ちなみに下記は源氏襖です。

 

PAGE TOP